カテゴリー別アーカイブ: ビオトープ

水質は良化したものの今年はもう睡蓮は咲かない?

昼間は暑いですが、朝晩は涼しい風が吹き、秋の気配を感じます。
セミの声より秋の虫の声を聞くようになってきた気がします。

 

楊貴妃メダカの稚魚

今さらですが、楊貴妃メダカの稚魚が孵化していました。
これからの時期だと、無事に冬を越せるか心配ですね。

 

黒めだか

アオミドロ対策を始めてから、日中の日差しもあまりきつくないからか、水質が良化してきました。
アオミドロなどの藻類の発生も少なくなりました。

黒めだかたちもすだれの下に避難できて調子良さげです。

 

ミナミヌマエビ

ミナミヌマエビとタニシの稚貝もよく見かけるようになりました。
水質が良くなり、快適になったのでしょうか?

 

タニシ

タニシの子供がたくさんいます。
いつもより成長している数が多いのは、気候が良いのか、水質が良いのかどちらでしょう?

 

睡蓮の葉

こちらは睡蓮鉢の様子です。
葉っぱは増えれど、花芽はつけず・・・。

もうすぐ9月ですし、今年は睡蓮の花は咲かないのでしょうか・・・。
例年、花芽を見つけてから、スティック肥料を挿していますが事前にやっておけばよかったです。

アマゾンフロッグピットも増えすぎなので、日照量が足りないのかも。
少し間引きしないといけませんね。

 

楊貴妃メダカと姫睡蓮

楊貴妃メダカのプランターも水質が良くなりました。
しかし、すだれの下に逃げ込み、あまり姿を見せなくなりました。警戒心が強くなっているようです・・・。

こちらの姫睡蓮も葉っぱばかりたくさん出ていて、花芽をつけません。
葉っぱに日が当たっていてもダメなのかな?

睡蓮を育てているのに、花が咲かないのは残念です。
ぜひ見たかったのですが、今年はもう難しいかなあ・・・。

ビオトープの苔取り

いよいよ夏休みに入り、夏本番ですね。
他のお魚ブログのようにガサガサに行ったり、ミジンコ取りに行ったりしたいですね。
最近は自然採集もしておらず、寂しいかぎりです。
ネタ不足ですみません・・・。

ベランダでビオトープをやっていると困るのはお掃除です。
達観して放置を決め込めばいいのでしょうが、見た目が悪いとどうしても掃除したくなります。

しかし、不思議なことに、いくつか水鉢を配置しても苔の付き方が違います。
生き物の多さなのか、日当たりの違いなのか、隣り合っている鉢でも変わってきます。

biotope140721-1.jpg

クロメダカの睡蓮鉢です。
ふさふさの藻状のアオミドロが大発生していて、毎週取っていますがなかなかなくなりません。

ミナミヌマエビやタニシはこのような苔には全然役に立ちませんね。
カネヒラのような植物を食べるタナゴなら減るのでしょうか・・・?

 

biotope140721-2.jpg

がんばって一気に掃除してみました。
藻に絡まったメダカの卵を取りつつの作業ですが、最近は産卵も少ないので比較的楽でした。

アマゾンフロッグピットも根が苔だらけになって、あまり増えません。
biotope140721-3.jpg

楊貴妃メダカのいるライズボールプランターは、苔が出ません。
ミナミヌマエビもほとんど入れていないので、エビががんばっているわけではありません。

でも、メダカが痩せ病なのか徐々にやせ細っています。
水替えを多めに行って様子を見ています。

こちらは、アマゾンフロッグピットが大繁殖しています。

biotope140721-4.jpg

タナゴとメダカの稚魚用の睡蓮鉢です。
こちらは糸状藻のようなアオミドロが発生しています。

引っ張るとおもしろいように取れますが、エビを巻き込むことがあるので要注意。
ふさふさの藻よりはお掃除が楽ですね。

biotope140721-5.jpg

簡単に取れて、きれいになりました。

biotope140721-6.jpg

綺麗にしたからか、うれしいことに睡蓮の花芽が出てきました。
今年はもうダメかと思っていたので、うれしいです。

スイレンの葉の上の稚メダカも喜んでいるのかしか?

遅咲きですが、これから何輪も花を咲かせて欲しいですね!

ビオトープが苔と藻まみれ

Twitterを始めてみました。
ちょっとしたことをつぶやいていますので、良かったらフォローお願いします。
@biomedaka

さて、今年の夏の猛暑で、屋外の睡蓮鉢ビオトープに苔と藻、アオミドロが大発生しています。
しかも、暑さで水の蒸発が激しいので、メダカも絡まりそうなレベルです。

medaka130816-1.jpg

びっしりと苔や藻が茂っています。
ミナミヌマエビやタニシのような生物兵器も役に立ちません。

medaka130816-2.jpg

今年生まれの仔メダカもずいぶん大きくなってきました。
もうすぐ一人前です。

あまりに苔まみれなので、がっさりと掃除しました。
増えすぎたアマゾンフロッグピットもどっさり捨てました。

藻には産卵された卵が一杯くっついているので、取り除きながらトリミングしていきます。
ホテイ草の根っこは産卵場所としては完全に蚊帳の外です。
どんどん増えて、株分けされていますが、戦力になりません・・・。

medaka130816-3.jpg

ちょっとすっきりしました。
ミナミヌマエビが出てきて、苔の跡地をツマツマしています。

いやー、良かった良かった。
これで対策もばっちり・・・と思いきゃ。

medaka130816-4.jpg

一週間後にはもう藻がいっぱい付着しています。
これはこまめに取っていくしかありませんね。
なかなか大変ですが、夏の間は仕方ないですね。