カテゴリー別アーカイブ: メダカ飼育

ミナミヌマエビは飛び出しやめれ

アジサイの花

アジサイの季節ですね。

昨日は強風と大雨がわかっていたので、一日ゆっくりできました。ゆっくりしすぎて、ビオトープを触ることができませんでした。

一転、本日は晴天の夏空です。ビオトープはどうなったでしょうか。

 

 

メダカの稚魚たち

メダカの稚魚も見た目でわかるほどに大きくなってきました。

黒メダカと楊貴妃メダカの勢力も半々といったところでしょうか。

針子もまだいるので、うまく順々に孵化しているようです。

 

 

クロメダカ

黒メダカたちを日差しが当たったところにエサでおびき寄せます。

日向と日陰では写真に影響ありますからね…。

しかし、日が当たっていても結局写真は下手なので関係ありませんでした。

 

 

餌を食べる楊貴妃メダカ

楊貴妃メダカも口を開けて、パクリ。

本日は夏を先取りしたようなお天気ですね。

ところが・・・。

 

 

飛び出して干しエビ

おはぎゃー!!!

ミナミヌマエビが干しエビになっています。

定期的に見かけるこの子たち、なにが気に入らなくて脱走するんでしょうか?

水質が悪化していたり、水温が上がりすぎたりと諸説ありますが…。

 

 

まだ緑色の干しエビ

ぎゃー!!!

エサをやったりして気づくのが遅れましたが、もう一匹飛び出しています。いったいいつから飛び出していたのでしょう?

干しエビみたいですが、まだ色は緑色です。もっと早く気づいていれば助かったかもしれませんが、もう30分くらい作業していました。

いつものように植木鉢に埋めてあげよう掴むと、足が動きました。

あれ?まだ生きてる?

試しに水に戻してみると、1,2秒したあとものすごい勢いで水中にエビジャンプして消えていきました。

その後どうなったかわかりませんが、無事を祈るばかりです。

飛び出したエビに気づいたら、赤くなっていなければ試しに水に入れてみた方がいいですよ!

 

 

タイリクバラタナゴと楊貴妃メダカ

最近のタナゴさんは姿を隠すこともなく、泳ぎ回っています。混泳している楊貴妃メダカももう気にしていない模様です。

エサを求めてウロウロしているのでしょうか。

ついついあげたくなってしまいますね。

令和生まれ メダカの稚魚が生まれました

今さらながらの令和初更新です。もう6月ですけども…。

5月、6月とメダカたちにとっては産卵と孵化ラッシュで忙しい時期です。うちのメダカたちも今年も無事に産卵しています。

 

卵をつけた楊貴妃メダカ

メダカが産卵しているのを発見したのはゴールデンウィーク後半のことです。ということは、今年生まれてくる稚魚は令和生まれということですね。

 

楊貴妃メダカの子メダカ

稚魚バケツを空けるべく、バケツの昨年生まれの子メダカたちをみな親と同居させました。

昨年の秋生まれでずっと小さかったですが、暖かくなって成長速度が上がったのかもう十分な大きさです。

 

目の出たメダカの卵

今年初採卵なので、卵も大漁です。

ホテイ草も産卵床も入れていないので、藻に産み付けられた卵をとる地味な作業。掃除もついでにできるのがせめてもの救いです。

アマゾンフロッグピットの根に卵をつけてパチリ。

すでに目が出ていますね

 

稚魚バケツ

採った卵をアマゾンフロッグピットの根っこにつけて、アナカリスとともにバケツに入れました。

 

令和生まれのメダカの稚魚

次の日にはもう初稚魚が生まれていました。

1日差で生き延びた幸運な子メダカですな。

 

令和生まれメダカの稚魚

5月なのに30℃越えが連続していたときに一斉に孵化したのか、気づくと針子たちが増えていました。

 

メダカの稚魚アップ

拡大してみると、まだ栄養袋(ヨークサック)がありますね。

 

エサを食べるメダカの針子

いつものように稚魚用のエサをあげます。パウダーなので針子でも食べられる大きさで必死に食べています。

これで栄養も十分に大きくなってくれるでしょう。

成長が楽しみですね。

 

 

楊貴妃メダカとタナゴの睡蓮鉢

こちらは親の楊貴妃メダカとタナゴがいる睡蓮鉢です。

この鉢だけアマゾンフロッグピットが大きく成長して、もりもり増えます。

1週間もすると、水面を埋め尽くしてしまうくらいです。

植物もこの時期成長が著しいですが、藻もすごい勢いで増えるの1週間でモリモリになります。

ちなみに、睡蓮の花はまだ沈黙です。今年も開花するのか気になるところです…。

2019年ビオトープ始動

例年、春分の日あたりからベランダにも陽が当たるようになり、ビオ始めの機運が高まります。

庭が南向きの日当たりが良い環境からは遅ればせながらのスタートです。今年もよろしくお願いいたします。

 

冬の睡蓮鉢の様子

今年1月の様子。

暖冬だったからかアマゾンフロッグピットはまだ青々しています。

メダカは紅葉の落ち葉の下に隠れていて動きません。

 

冬越しした睡蓮鉢の様子

そして、3月・・・アマフロも半枯れとなってしまいました。

寒くても藻は大繁殖して、なかなかひどい有様です。

 

冬越しした汚れた睡蓮鉢

もっともひどいのはこの睡蓮鉢。

メダカが生きているのかどうかもわからない汚れ方。まずはしばらくお掃除が大変そうです。

 

春のクロメダカ

せっせと藻を取ると、クロメダカ達が見えるようになりました。

藻の下で元気に生き延びていたようです。

警戒心が増していて、人影を見ると大パニックを起こしています。エサをあげていれば、また夏ごろには懐くかな?

 

斜めから見る春の楊貴妃メダカ

楊貴妃メダカたちも元気そうです。

アマゾンフロッグピットも新芽が出てきています。

 

日当たり良い部分に集結する楊貴妃メダカ

まだ寒いので、日当たりが良い部分の水面に整列。

動かずじっとしています。もう少し暖かくなるまでもうしばらくの辛抱だ。

さて、バケツの稚魚たちは・・・

 

無事に越冬したメダカの稚魚たち

小さいのも無事に越冬できたようです。

一冬越えてもほとんどサイズは変わっていないみたい。冬場はエサも食べないし、成長しないんですね。

大きめの楊貴妃メダカは色揚げしてきているようです。もう親と同居しても問題なさそうですね。

さて、4月からビオトープも本番。楽しみが増えてきますね。