天然ビオトープとメダカの繁殖準備

ゴールデンウィーク10連休もそろそろ中盤です。お天気はイマイチですが…後半はよくなるようですね。

 

天然ビオトープ

高幡不動からモノレールに乗って立川に行こうとしていたのですが、良い天気に外に出てフラフラと誘われるように歩いていたら天然ビオトープのような場所にたどり着きました。(日野市の潤徳小学校が管理しているビオトープのようです)

天然のビオトープって言葉がおかしいでしょうか!?

 

天然ビオトープの魚影

よーく見ると、小魚が泳いでいる魚影が見えています。

メダカより少しだけ大きそうなので、モツゴやモロコでしょうか。

 

 

ふれあい橋

さらに歩いているとたどり着いたのが、ドラマの撮影でよく使われているというふれあい橋(万願寺歩道橋)です。

東京都内なのに地方の設定で出てきたりします…。

 

浅川の中州

菜の花がたくさん咲いています。

多摩川かと思ったら、多摩川の支流の浅川という川にかかっていました。

 

自給率アップは日野から

野菜の直売所がありました。たんまり入って100円でありがたいです。

「自給率アップは日野から」と目標はでっかくぶち上げていますが、流通されているのを見ません。

特に日野のトマトはとても美味しいので、手に入るようにして欲しいですね。

 

ひの新選組まつり2019

日野といえば、トントントントン ヒノノニトンの日野自動車と新選組です。

新選組副長 土方歳三の出身地。土方の命日5月11日あたりの土日にひの新選組まつりが開催されます。

日曜日には新選組の衣装を着た人々がパレードで練り歩きます。興味がある方はどうぞ。

この日はなんだかんだでトータル10kmも歩いてしまいました…。

 

 

晩夏生まれのメダカの稚魚

さてさて、うちのメダカと言えば、晩夏~秋生まれの稚魚たちもいよいよ大人サイズになってきました。

そろそろ大きいメダカを大人たちと混泳させようかと。

 

楊貴妃メダカの人口調整

まずは人口調整のために、楊貴妃メダカの一部をプラコップで掬って、移動させました。

 

楊貴妃メダカの稚魚をすくう

次にコメント欄で教えていただいた稚魚を救うのに便利という100均のお玉で楊貴妃稚魚メダカをゲット。

 

楊貴妃メダカ

大人メダカの容器に移動させます。

もうすでに大きくなっていて、色揚げもされていたのでどれだかよくわかりません…。

人口調整のおかげで過密にはならなくて良かった。

 

黒メダカの稚魚をすくう

油断していた楊貴妃メダカは掬えましたが、警戒心バツグンで底の方に潜って姿を消してしまった黒メダカは大苦戦。

姿は見えないし、結局プラコップで追いかけまわして何とか捕まえました。

なんとなく悔しいので、記念撮影だけお玉で。

速いのは厳しいですが針子のような生まれたて稚魚をすくうのには圧倒的にお玉が有利そうです。

 

クロメダカ

こちらも何なく馴染んだようです。

しっかりエサの争奪戦に普通に参加しています。

 

タイリクバラタナゴと楊貴妃メダカの混泳

エサの争奪戦といえば、こちらのタナゴも負けていません。

楊貴妃メダカに混じって豪快に餌を食べています。

動きが速くてヒット&アウェイで食べるので、やや効率悪そうな食べ方です…。

暖かくなって元気に姿を見せて一安心です。

 

産卵した楊貴妃メダカ

暖かくなったといえば、楊貴妃メダカが産卵しているのを見つけました。

ホテイ草も人口産卵床もないので、どこに卵をつけるのでしょうか?

また、適当に藻にくっつけていることでしょう。

稚魚バケツもきれいにして、産卵に備える時期です。ゴールデンウィークも楽しみが増えましたよ。

2019年ビオトープ始動

例年、春分の日あたりからベランダにも陽が当たるようになり、ビオ始めの機運が高まります。

庭が南向きの日当たりが良い環境からは遅ればせながらのスタートです。今年もよろしくお願いいたします。

 

冬の睡蓮鉢の様子

今年1月の様子。

暖冬だったからかアマゾンフロッグピットはまだ青々しています。

メダカは紅葉の落ち葉の下に隠れていて動きません。

 

冬越しした睡蓮鉢の様子

そして、3月・・・アマフロも半枯れとなってしまいました。

寒くても藻は大繁殖して、なかなかひどい有様です。

 

冬越しした汚れた睡蓮鉢

もっともひどいのはこの睡蓮鉢。

メダカが生きているのかどうかもわからない汚れ方。まずはしばらくお掃除が大変そうです。

 

春のクロメダカ

せっせと藻を取ると、クロメダカ達が見えるようになりました。

藻の下で元気に生き延びていたようです。

警戒心が増していて、人影を見ると大パニックを起こしています。エサをあげていれば、また夏ごろには懐くかな?

 

斜めから見る春の楊貴妃メダカ

楊貴妃メダカたちも元気そうです。

アマゾンフロッグピットも新芽が出てきています。

 

日当たり良い部分に集結する楊貴妃メダカ

まだ寒いので、日当たりが良い部分の水面に整列。

動かずじっとしています。もう少し暖かくなるまでもうしばらくの辛抱だ。

さて、バケツの稚魚たちは・・・

 

無事に越冬したメダカの稚魚たち

小さいのも無事に越冬できたようです。

一冬越えてもほとんどサイズは変わっていないみたい。冬場はエサも食べないし、成長しないんですね。

大きめの楊貴妃メダカは色揚げしてきているようです。もう親と同居しても問題なさそうですね。

さて、4月からビオトープも本番。楽しみが増えてきますね。

メダカの稚魚と親メダカの合流 第二弾

一時涼しくなったと思いきゃ、暑さがぶり返しましたね。猛暑と台風もいいかげんに終ってほしいものですね。

 

大きくなったメダカの稚魚たち

早々に親メダカと合流した黒メダカに続いて、楊貴妃メダカの稚魚もずいぶん大きくなってきました。

まだ成長にバラツキがありますので、そろそろ大きくなった子メダカを合流させることにしました。

 

 

楊貴妃メダカの稚魚たち

プラコップに大きい楊貴妃メダカを掬いました。

まだ小さいのもろともですが、うまく採れました。クロメダカより簡単だったような・・・。

しかし、見事なグリーンウォーターです。

もちろん小さいのは元のバケツに戻しましたよ。

 

 

すくった楊貴妃メダカの成魚

人口が過密になりそうなので、親メダカも適当に掬った4匹を移動してもらいます。

こちらは水が透明です。

 

 

移動した楊貴妃メダカたち

タナゴのいる睡蓮鉢はまだ過密感がないですね。

障害物や隠れ家が多いからか、適度にばらけています。

 

 

楊貴妃メダカの成魚と稚魚

親メダカと合流した稚めだかたちです。

堂々としたもので、悠々泳いでいます。クロメダカに比べ、親の追い回しもあまりないような・・・。

野生じゃないから性格が穏やかなんでしょうか。

 

 

エサを食べる楊貴妃メダカの親と仔

エサ取り合戦にもしっかり参加。

しかし、それよりも毎度のことながら、藻が大発生しています。

毎週きれいにしても、翌週にはまた大発生していて、なんとかしたい・・・。

 

 

メダカの稚魚バケツの様子

稚魚バケツもまだまだ大小いろいろなサイズのメダカたちがいます。

秋になるかもしれませんが、また合流させるのも楽しみです。