メダカの稚魚の親との合流!一方隔離しない針子たちは

毎日、暑いです。6月とは思えない酷暑にビオトープ活動も停滞気味。

しかし、1年でもっともメダカの観察が楽しみな時期でもあります。

夕方など涼しい時間を利用してお手入れも楽しんでいます。

 

オリーブの実がなりました

オリーブの気に実がたくさんついていました。

そのうち食べごろになるのか、気づいたら種が転がっています。

どの鳥が食べに来ているのでしょうか?

よく目撃するのはセキレイです。

先日は山鳩(キジバト)がやってきて、盛大に鳴いて帰りました。

デーデ、ポッポポー♪(人によって聞こえ方異なるけど、公式はデーデらしい)

 

楊貴妃メダカ

餌をもらえると思うと、集まって来る楊貴妃メダカ。

黒メダカはもっとすごい勢いで集まってきて大変な勢いですが、ちょいと上品です。

 

クロメダカの稚魚と針子

先日、針子から稚魚に育ってきていたので、フライングで親メダカとの同居を開始したアン・ドゥ・トロワの3匹。

前回は早すぎて親メダカに追い掛け回され、食べられそうだったのでいったん引き上げました

今度は十分に大きくなったと思われるので、再び親メダカと合流です。

アン君といっしょに掬ってしまった針子2匹。

やはりサイズが違います。

親メダカの鉢に合流させ、針子は回収しました。

 

黒メダカの稚魚を捕獲

続いてドゥ君のアップ。こちらも立派になりました。

前回の写真を見ても完全に細すぎますね。

これくらいの丸みは欲しいです。

トロワ君はどこ行った!?

 

メダカの稚魚を親メダカの元に合流させる

親メダカの元に放り込まれたアンとドゥ。その運命やいかに…。

混泳のタイミングを見てみると、前回は生まれてから恐らく3週間ほどでした。

今回は1ヶ月を超えています。

生育速度にもよりますが、ちょうど生まれて一ヶ月くらいで急速に体も大きく成長するようなので、1ヶ月以上は待った方が良さそうですね。(来年の自分へのメモ)

 

親メダカと稚魚と針子の混泳

合流しましたが、なんとなく余裕です。

やはり追い回されるのかひっそりと隠れていましたが、慣れてきたら出てきました。

エサ取りにも参加してがんばっています。

しかし、よく見ると針子も普通にいるような…。

 

親メダカと針子の混泳

親メダカと針子の混泳です。採卵を放置していたら、たくさん孵化しています。

なぜでしょう?以前は針子を見つけたら追いかけて、おそらく捕食していた親メダカが興味を示していません。

針子も近づいてきたら逃げる素振りはしますが、親メダカも特に追いかけていないようです。

不思議です…。

 

ビオトープ睡蓮鉢の全景

ちなみに、現在黒めだかの水鉢はこうなっております。

アマゾンフロッグピットゾーンが稚魚のサンクチュアリ…実際いるかはあまりわかりませんが。

真ん中がアオミドロや藻のコーナーとなっています。

これじゃあ、睡蓮が咲かなそう…。

 

アオミドロにびっしりと産みつけられたメダカの卵

このアオミドロコーナーにびっしりと卵が産みつけられています。

アオミドロから卵を取り外すのは大変なので、完全放置です。

この卵から大量の針子たちが孵化しています。

ちなみに、このアオミドロごとまるっと採って、バケツに入れると簡単です。

しかし、うちにはこれ以上容器を置く場所も全員が成魚になっても育てることができないので、自然に任せています。

毎年、親元に放置しても成長する子メダカはいるのですが、今年は多く出るかも!?

 

楊貴妃メダカの針子

楊貴妃メダカの針子たちです。

専用の発泡スチロール箱に入れたら、絶好調です。

孵化直前の目のついた卵もありますね。

 

楊貴妃メダカの針子のアップ

暑さに負けず、元気に大人になって欲しいです。

 

スイレンの2本目の蕾

早くも睡蓮の2番目の花芽の蕾が上がってきました。

肥料もあげず、植え替えもせず、完全放置なのに毎年花を咲かせてくれるので、感謝感謝です!

2022年も睡蓮の花が咲きました

睡蓮の花が開花しました

蕾が水面まで出てきていた睡蓮の花が無事に開花しました。

梅雨空で日照不足だったのか元気がなかったのですが、晴れ間が出たら無事に咲いてくれました。

 

横から見たスイレンの花

横からのスイレンの花のお姿。

わずかなアマゾンフロッグピットに占領されていない隙間に楊貴妃メダカがエサのおねだりに現れます。

 

閉じた睡蓮の花

夕方には花を閉じていました。

また明日ね。

 

クロメダカの稚魚兄弟

バケツに戻った仲良し黒メダカの兄弟。

こちらは親メダカに追いかけ回されないので、くつろげますなぁ。

 

3日目の睡蓮の花

1日飛んで3日目の睡蓮です。

毎年恒例ですが、薄ピンクの花です。(品種名はわかりません…)

 

閉じゆくスイレンの花

しぼみかけの花を撮りました。

3日間楽しませてくれてありがとう。

名残惜しいのでもう1回くらい開花してくれるとうれしいです。

 

メダカの稚魚の第二飼育水槽

話は変わって、こちらは楊貴妃メダカ専用とした発泡スチロールの第二水槽。

産卵床についた卵を地味にアマフロの根につけています。

 

楊貴妃めだかの稚魚(針子)

たくさん孵化していました。

楊貴妃メダカの白い稚魚、いわゆる針子が泳いでいます。

目が見える卵も確認できるので、これからも孵化ラッシュとなりそうです。

楊貴妃メダカの稚魚が一向に育たないので、親メダカが老化によって無精卵になっているのかと思いましたが、ちゃんと生まれてきました。

もう一つの仮説であった黒メダカとの混泳だと生存競争に負けてしまうというのが正解のようです。

以前は共存できていたので、これは親メダカの老化のせいかもしれません。

今後は専用の飼育水槽で育てた方が安全そうです…。

 

おんぶタニシ

おまけのおんぶタニシ。

よく2階建てになっているのを見かけます…。なぜでしょうか…。

稚魚がたくさん増えまして、親メダカと同居させようと思ったのですが

楊貴妃メダカと睡蓮の花芽

今年も睡蓮の蕾が出てきました。

梅雨空で日照時間が不足気味、しかも肥料なしですが、きっちりと花芽を出してくれてうれしいです。

泳ぐスペースがなくて、楊貴妃メダカのストレスがたまらないか心配です。

 

エサを食べる楊貴妃メダカ

エサの催促がすごいので、エサをあげると満足気。

たくさんたべてモリモリ産んでください。

 

エサを食べるクロメダカ

こちらはモリモリ産みすぎの黒メダカたち。

エサをあげると元気に食べていますが、雌が多いのかブリブリと産みすぎていて、採卵をあきらめました。

アオミドロや藻にばかり産みつけるので…。その塊ごとバケツに入れれば簡単でいいんですけど、容器不足です。

増えすぎても育てられませんし…。

それにしてもタニシも集まってきすぎです。

 

黒めだかの針子たち

そのため、このように針子がたくさん孵化しています。

アマゾンフロッグピットで囲まれた聖域で生まれた稚魚たちです。

でも、親メダカが掻き分けて侵入してくるので、全然油断はなりません。

見つけたらすくって稚魚バケツに逃がしています。

 

楊貴妃メダカの針子かな

稚魚バケツを見ると、白っぽい稚魚が生まれていました。

楊貴妃メダカの針子でしょうか。

楊貴妃メダカ専用の飼育槽を作ったのですが、以前に採卵したのが孵化したのかもしれません。

それに比べて、黒メダカはもう結構な大きさですね。

 

メダカの稚魚

メダカの稚魚もアップにすると、模様のようなものも見えるんですね。

そろそろ針子に対して大きさが心配になってきました。

 

捕まえたクロメダカの稚魚

親メダカと同居させようかと掬ってみました。

アン・ドゥ・トロワです。

簡単に捕まえることができたので、警戒心がまだ低いのかもしれないのと、例年のより早めなのでまだ丸みが足りない気がします。

 

親メダカに終われる稚魚

一応入れてみたところ、アン君ものすごく追い掛け回されています。

口に入りそうで、怖い…。

 

睡蓮の葉に隠れるメダカの稚魚

ドゥ君と針子は睡蓮の葉の陰に隠れています。

しかし、ここは逃げ場がなくて見つかると逆に危なそう…。

トロワ君が食べられそうになっているのを見て、あきらめて戻しました。

まだ、早かったようです…。もう少し体形が丸くなるのを待ちたいと思います。