めだかの飼い方・屋外飼育

めだかを飼うなら屋外飼育がお勧めです。

水槽で飼うのもめだかの姿が良く見えていいのですが、
簡単に丈夫に育てたいなら、自然に近い環境で育てるのが一番です。

自然環境ですから、エサはミジンコやボウフラ、苔、藻などが自然発生します。
メダカの匹数によっては、エサをあげる必要もありませんし、
水も足し水だけでよいなど、人手がほとんどかかりません!

強いて欠点をあげるなら、屋外なのでいつでも眺めることができないことです。
特に夏場と冬場はあまり見れません。

スイスイと睡蓮鉢を泳ぐメダカ
shiiku-1.jpg

容器

飼育する容器ですが、睡蓮鉢がサイズ的にもオススメです。
もちろん大きめの容器の方がベターです。
深さはあまり必要ではありません。

実際、メダカを採集してきたときも、
田んぼの用水路の深さが5cmほどしかない所でも元気に群れていました。

バケツや頑丈な衣装ケース、発泡スチロールでも代用できます。
見た目がちょっとあれですが・・・。

メダカは太陽光があるほど丈夫に育つので、
十分に日光が当たり場所に置きましょう。

水は水道水をいきなり入れるのではなく、
最低一日、できれば2、3日汲み置きした水を使います。
水道水のカルキを抜いてあげましょう。
ハイポや液体のカルキ抜きを使うと、すぐにメダカを入れられます。

底砂

底に砂や土を入れておくと、バクテリアの住処となり、水を濾過してくれます。

一般的には、川砂などの砂利が使われます。
ドジョウを一緒に飼うなら、砂の粒が細かい田砂が良いです。

とはいっても、汚れが貯まっていくので、年に一度は掃除した方が良いです。
上の方のきれいな水は取っておき、底の汚れた水だけ捨てましょう。

普段の足し水のときに、ドバドバと底に届くように豪快に水を入れ、
汚れを溢れさせるようにすると掃除が楽です。
稚魚がいる場合は、外に溢れてしまうかもしれないので気をつけて!

赤玉土や荒木田土も良いですが、掃除しづらいので管理の手間が増えます。

底砂に五色石を入れています。きれいかな!?
shiiku-2.jpg

水草

水草は余計な養分を吸って、水を浄化してくれます。
光合成を行い、酸素も送ってくれるのでなくてはならない存在です。

人間だって何もない部屋にいたら落ち着かないように、
めだかもモジャモジャや隠れ場所があると安心します。

メダカは水草に卵を産み付けるので、必ず入れたいです。
また、稚魚の隠れ家となり、生存率が上がりますね。

オススメはスイレン。
スイレンの葉は日陰を作って、夏場の水温上昇を抑えます。
お花もとってもキレイ。

カボンバ、アナカリス。
とても丈夫な水草で、酸素をいっぱい出してくれます。

浮き草では、ホテイアオイ、アマゾンフロッグピット。
浮き草はどんどん爆殖するので、適当に間引きましょう。

スイレン、カボンバを植え、アマゾンフロッグピットを浮かべました。
mizukusa.jpg

エサ

動物性・植物性どちらも食べます。
普段は水鉢についた苔か微生物かをパクパクと食べています。
ボウフラやアブラムシも食べるので、ビオトープで発生したらあげましょう。

屋外のビオトープ飼育では、人口エサはそれほど必要ありません。
あげ過ぎは逆に水を汚します。
1日に1、2回、すぐに食べきれる量をあげましょう。

うちはキョーリンのメダカの餌をあげています。
とてもよく食べます。

もっとよく食べるのが乾燥ビタミン赤虫です。
ちょっとした騒ぎになります(笑)
小さい身体で赤虫をほおばっている姿はとてもかわいいです。

何よりかわいいのが、エサをあげているとメダカが懐くことです。
人影を見ると、餌をクレクレと集まってくるようになりますよ!

夏と冬

メダカの飼育で気をつけたいのは、夏と冬です。

日光が大好きなメダカですが、
さすがに夏場は直射日光が当たると、水温がお湯のようになってしまいます。

お湯でもメダカは元気にしていますが、あまり良いことではありません。
午後は日陰になる場所に置くか、スダレなどで日陰を作ってあげましょう。

冬も問題なく越冬できます。
水も表面に薄い氷が張る程度なら問題ありません。

水温が下がってくると、メダカは底の方でじっとしていて冬眠のようになります。
そうやって体力を使わないようにして冬越しをします。

餌も食べなくなるので、あげる必要はありません。
たまに日光が当たり、暖かい日があると食べにくるくらいです。
春の訪れをそっと見守りましょう。

一緒に飼える魚・生き物

メダカは小さな魚なので、他の魚と混泳させる場合は気をつけましょう。
一緒に飼っても問題ない魚は、タイリクバラタナゴ、ドジョウなどです。
どれも温和なので問題ないようです。

魚以外では、ミナミヌマエビ、ヤマトヌマエビ、タニシ、石巻貝など。

金魚やフナは大きくなると、メダカを食べてしまうのでバツです。
エビもスジエビや手長エビは肉食なので、NGです。

優雅に泳ぐメダカたち
shiiku-3.jpg

メダカの飼い方について、説明してきましたがどうでしたでしょうか?
屋外飼育では寿命は、1、2年ほどです。

☆になったメダカはエビやタニシがお掃除してしまうので、
目にすることはあまりないかもしれません・・・。

手軽な睡蓮鉢ビオトープでメダカライフを楽しみましょう。

めだかの飼い方・屋外飼育」への2件のフィードバック

  1. 中西克徳

    こんにちは!メダカの屋外飼育に興味をもっており、睡蓮鉢や発泡スチロールでビオトープを作り、屋外で飼育したいと思い色々探していてこのサイトを発見しました!今までプラスチックの地面に埋め込むタイプの小さな池で睡蓮を育てていましたがその池の中に黒メダカを入れましたが、いつの間にか絶えてしまいます。エアーレーションや水流の装置が無いために屋外での自然飼育はあきらめていましたが、このサイトを拝見してもう一度挑戦したくなりました。僕の失敗の原因はどこにあるのでしょうか?アドバイスをいただければ嬉しいです。

  2. 管理人 投稿作成者

    中西さん、こんにちは。
    メダカを屋外飼育する場合は、エアレーションや水流は不要です。逆にメダカが疲れてしまうので、なくても問題ありません。

    うまく行かない理由として思いつくのは、容器に対してメダカの入れすぎ、エサのあげすぎ、水のカルキを抜いていない、などでしょうか。

    あまり手間をかけないくらいがうまく行くと思いますが、容器の大きさや種類、置いている場所でもいろいろ条件が変わってきます。しばらくは試行錯誤が必要かもしれませんね。

コメントは停止中です。