梅雨のビオトープ 仔メダカを親メダカと合流させました

梅雨の鬱陶しい空模様のなかもメダカの稚魚は元気に成長しています。

 

大小様々なメダカの稚魚たち

大小様々なメダカの稚魚たち。大きさにもバラつきが出ています。

大ききな仔メダカが小さい針子を襲っている姿はみないけど、そろそろ親メダカと合流させても良い大きさのサイズも見られます。

いつのまにかグリーンウォーター化が進んでいる模様です。稚魚探しづらい・・・。

 

 

親メダカの睡蓮鉢

こちらが合流予定の睡蓮鉢。

梅雨なのでお天気はパッとしませんが、ベランダなので横殴りの台風でもなければ雨が振りこんだりはしません。だから、めだか鑑賞は問題ありません。

メダカの成魚にタニシ、ミナミヌマエビの子供にスネールもいます。にぎやかな環境に子メダカもなじめるでしょうか。

 

 

メダカの仔魚・若魚

メダカの稚魚を捕まえました。

・・・しかし、針子サイズも一緒に入ってしまいます。

メダカも大きくなって若魚となると、スピードがかなりのものです。なかなか狙って取るのは難しいですね。

捕まえるのにはプラコップを使っています。網だと針子はダメージを受けるのでやめましょう。コンビニコーヒーのカップも使い勝手がいいです。

 

 

仔メダカが親メダカと合流

小さいのはうまく逃がして、早速、合流させます。

毎年のことながら、大丈夫かな?追っかけられてストレスではないかな?と心配になりますね。

この仔メダカはなかなかの大きさなので、問題なさそうです。

しかし、しばらく慣れるまでは親メダカから追い回されるのは仕方ないでしょう。

 

 

稚魚の合流はまだ小さすぎたか

こちらの子はまだ体型が細いか・・・。

食べられたりはしないと思いますが、肩身の狭い生活となりそうです。

 

 

親メダカから隠れるメダカの稚魚

なるべく親メダカに見つからないように隠れられる場所にひっそりとしています。

今までの我が物顔の稚魚バケツから一転きびしい立場です。

しかし、梅雨は植物には環境がいいのか、藻や苔が大繁殖です。お掃除すると卵がくっついているし、なかなかつらい・・・。

 

 

水草増えすぎて狭いよ楊貴妃メダカ

アマゾンフロッグピットも毎週捨ててもどんどん増えます。

アナカリスも伸びまくって、隙間から顔を出すしかない楊貴妃メダカたち。

またどっさりとトリミングしてあげるしかありませんね。

 

 

エサを食べるメダカの稚魚たち

大きい個体がいなくなって少しはのびのびできているでしょうか?

同じ方向を向いて、赤ちゃん用の餌を食べるメダカの稚魚たち。

針子も幼魚も無事に育って欲しいものです。

梅雨のビオトープ 仔メダカを親メダカと合流させました」への2件のフィードバック

  1. みなも

    めだか・・かわいい~~♪
    ですよね。
    毎日メダカのことで一杯です^^
    メダカに夢中になってまだ一か月。
    勉強させてもらっています。
    ありがとうございます。

  2. 管理人 投稿作成者

    みなもさん、こんにちは。
    まだ1ヶ月なんですね。
    毎日眺めていても飽きないですよね。
    最初はわからないこともたくさんあると思いますが、何事も経験ですよ。
    お役に立てればうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。